京阪叡電エリア 京都舞台訪問記3

作成日 2016/7/24
更新日 2016/10/8

自力で特定した舞台に対し、実際に舞台訪問をしたので紹介しています。
今回は、一期第1話「廃部!」の冒頭という、重要シーンを訪問しました。

大○天と読める幟を手がかりに松ヶ崎大黒天を、自力で特定して訪問。
実際のシーンは朝だが、手がかりのより多い夜のシーンから特定した。
【注意!】住宅は平沢家と無関係なので、撮影は参道のみにしましょう。
と書いてみたものの、実際にはどう頑張っても参道以外が写ってしまう。

同じ通りの石垣の通学路を、自力で特定して訪問。大黒天から逆方向。
石垣が黒潰れしないように、撮影時に補正したら、右側が白飛びした。

YANASEとOP1橋に向かう緑豊かな合流地点を、自力で特定して訪問。
限界まで引いて撮影したが、左側がケラれた。広角レンズがないと困難。

YANASEシーンに一瞬入るOP1橋の広角カットを、自力で特定して訪問。
実際には電柱の位置は横断歩道。背景の建物群を広角に収められた。

同じくYANASEシーンに一瞬入る、横断歩道カットを自力で特定して訪問。
中央分離帯がないため、上記横断歩道から車道に引く必要があり危険。

京都舞台訪問記4に進む

京都舞台訪問記ネタ集3

けいおん同人ドットコムに戻る